Shortlink

ママ友の作り方

私には子どもがいないので、当然のことながらママ友なんておりません。
しかし、子どもがいるお母さんは少なからずこのママ友に悩まされているようです。
妹もそれなりに上辺の付き合いをしていますが、親しく付き合っているママ友はいない様子です。

アメーバニュースに「『ママ友』は本当に『友達』?ちょっと居心地の悪い妙な日本語を分析」という記事がありました。
そもそも、現代の友達の定義というものがだいぶ曖昧なものになってきている気がします。
全く顔も知らないオンラインだけの付き合いでも、平気で友達と呼んでしまっていますよね?
顔も知らない、素性も知らない、本音を言えない相手なんて、私からすると友達でもなんでもありません。
点と点で繋がっている人を友達と呼べるほど、人間の心は広くないのではないでしょうか。

このママ友というのは、他の場面でも当てはまると思っています。
趣味だけの友達やファン同士での友達もそうです。
ある一点だけ除いては、何も本心を語れないなんて友達ではないと思っています。

私はよくライブに行くのですが、いつも1人で行動しています。
インターネットが普及してから、ファン同士の繋がりを持ったこともあります。
しかし、女性特有というのでしょうか?
誰のものでもないのに「私の方がファンとしての誇りが高い」「私の方が好きだ」という気持ちが必ずあります。
そういう気持ちが垣間見えてしまうと、面倒臭くて付き合うのも嫌になります。
どっちの方が気持ちが大きいとか関係ないですよね?
ただのファンに過ぎないのだから。

ママ友に話を戻しますが、子どもの友達のママと親しくしようとする人は悩みが多いように思います。
私の母は、妹の幼稚園時代のママ友と今でも交流があります。
30年弱のお付き合いですから、相当長く続いているなと思います。
当の本人たちはどうなのかと言いますと、母のママ友の子どもと妹は全く付き合いがありません。
つまり、母たちは母親同士で気の合う仲間と繋がっているということです。
その中にはなぜか私の同級生の親もいて、私がその子と親しくなったことは一度もありません。
不思議な関係ですよね?
でも、友達というのはそういうものだと思います。

ママ友に悩まれているお母さんは、何も子どもの友達の母親と付き合うことなどないと思います。
自分と波長の合う人は必ずいるはずなので、無理をせずに自分の友達を作るべきなのではないでしょうか。

そういえば、私の旦那との出会いは合コンでした。
最近ではお見合いパーティーという出会い方も、人気を集めているようです。
お見合いパーティーの業者一覧を調べてみると、いろいろなコンセプト別に開催されているみたいです。
私の時代にもあったら良かったな。

Shortlink

いろいろあるなぁ

長男は大学生だが、この長男が幼稚園だった頃にしりあって今もなお仲良くしているママ友グループがある。
それぞれ、子育ても一段落して、手が離れているからみんなそれぞれ仕事をしたり、趣味を楽しんでいたりして、案外と忙しい。逆に子育てに多忙だった頃のほうが一緒に飲んだり、ランチしたりしていただろう。

そんなママ友も、この前ひさしぶりに飲み会をした。
ひとりのママが「どうしても飲みたい」というから、全員集合したのである。誰かが「飲みたいのよ!」という時というのは、だいたいそのママの家庭において「重大事件」が起きたときで、お互いにアドバイスしあったり、冷静な意見を言ってみたり、愚痴を聞いてあげたりしているのだ。

その日の「飲みたいのよ!」のママの子供は女の子である。
一流とまではいえないが、そこそこの大学に通い、就職の内定をもらったとも聞いていた。
ところが、開口いちばん、「うちの娘、どうやらキャバクラでバイトしてるみたいなの!」と言うではないか。

なんだいったい、どうしたこうしたと質問攻めにした結果、このごろやけに金回りがいいと思っていたところへ、さらに化粧が濃くなってきた。ターミナル駅のパン屋さんでバイトしているだけにしては、「ブランドものを持っていたり、グアム旅行へ行ったり」しているという。
それでも就職も決まったことだし、最後に遊ぶのはしょうがないかと思っていたが、なんと、弟(2つ違い)が先輩に連れられていったキャバクラに姉がいたんだという。

まーーーったく、そんな、ドラマみたいな出来事が実際にあるんですねぇ。
テーブルについて、姉が隣に座ったときのおとうとの驚愕は想像するにあまりある……。
しかも、大学生が友達同士で行けるキャバクラなんぞ、その「程度」が知れるというものである。場末とは言わないが、繁華街にある、安っちいキャバクラなのだろう。

姉は弟に気付いたが、その場では黙っていた。
弟は最終的には母親には伝えたが、母親に伝えたことも、誰かに言ったかどうかも、つまり姉とはそれ以来、まともに話をしていないのだという。

就職が決まっている以上、あと数ヶ月で娘はキャバクラのバイトはやめるに決まっている。だから静観しておくのがいいのか、娘と話し合ったほうがいいのか、それとも夫に話して(そうしたらたぶん大変なことにはなるだろうが)きちんと対処したほうがいいのか、弟から言わせるという方法もあるだろうか、と、彼女の悩みは深かった。

いやはや、しかし。
もうすっかり子供たちは巣立って、これからはたぶん「嫁のぐち」とか「孫自慢」とか「病気自慢」で飲み会だよね、と話していた矢先である。

要するに、子供はいつまでたっても親を悩ます存在ということなのだろう。
幼稚園のときから可愛かった彼女が、そんなバイトを青春の1ページとして早いとこ卒業してくれることを願うばかりだ。

Shortlink

女子アナアイドル化路線

だいぶ前から巷で話題にのぼっていますが、女子アナ、というのはすでに「アイドル」化されているのでしょうか。
もちろん、フジのキャスターの安藤さんとか、女性アナウンサーでも固い、知的な地位をしっかりと確立した方もいます。
でも今、女子アナ、と名付けて思いうかぶのは、きゃぴきゃぴした、若いアイドルとそうかわらないような印象を受ける人のほうがはるかに多いような気がします。
そういうふうに「キャラを作って」いる番組も確かにありますが、そうではなくて、普通の報道番組でも、喋り方やたたずまいに「女子アナオーラ」=「かわいいアイドル、でも頭もいいのよ」的なものを感じてしまいます。

この間、たまたま通りかかったイベント会場で、けっこう顔の知れている女子アナが司会をしていました。わりあいと至近距離に舞台というかステージがあったので、間近で見ることができました。
司会じたいはそつなくこなして、それはいいのですが、途中でちょっと裏にまわったんですね。
で、そのとき、末っ子がちょっとぐずりだしたので私は席をはなれて横っちょであやしていたんです。それでステージ裏がよく見えてしまったんですが、この女子アナさん、ものすごーーーい、キッツい感じなんですよ。
誰か、メイクさんとか、よくわからないけど、(女子アナにはマネージャーとかいないのだろうから)側にいる人に「喉かわいた。買ってきて」とか言っていて、それで、その人を呼ぶのに「あんたさ」と言ったわけです。

……あんた、って。
たぶん、女子アナの人より後輩とか、立場的に下の人なのでしょうが、かといって一般的な会社であっても、仕事場の後輩にむかって「あんた、コピーとってきてよ」とはあまり言わないものです。

長男がバイトで有名アイドルグループの舞台で衣裳などの手伝いをしたときのことなんですが、「すごいキチッとしてるよ。なんかマネージャーとかに言われてるみたいで、俺らみたいなバイトにも最初に揃って頭をさげにきて、話し方とかもすいませんが、とか、すごく丁寧なんだ。もっときゃぴきゃぴしてるか、裏ではすごいんじゃないかと思ったけど、驚いた」と言っていたことを思い出しました。

もしかして、女子アナはアイドル化しているのではなくて、アイドルが昔ながらの局アナ化していて、女子アナはその逆パターンなのでしょうか。

大きな会社に付属している人に限って、その会社の力を背景にえばってたりするよなぁ、などと思った出来事でした。

Shortlink

かしこさ

人間は、きっとかしこくなりすぎました。
だから、争ったり欲でおかしくなったりどろどろとした気持ちを持つのでしょう。
真っ直ぐ向けずに歪んでしまって、生きたいという生物の欲求すらまともに持てなくなっていくのだと思います。
誰かをねたんだり、陰口を言ってみたり、もっと楽して自分にとって良い環境になれば良いのにとか望んでみたり。

人間はもっとバカにならなければならないのだと思います。
豊かになったと言いながらそれを活かしきれてないのではないかと思ってしまいます。
しっかり豊かになったのにもっともっとと望んで、欲求が先走って枯渇したような気分になったり、
今ある幸せがあんまり幸せに思えなくなってしまったり。
今、自分ができることは何なのかもっと考えなければいけないのではないでしょうか。
時代に追いつくことに必死になってしまったり、できたものを機械的にこなして、
そのことに得意になったりもしくはできるできないで差別化してしまったりせずに。

もちろん、発展したおかげでいろいろなものが便利になりました。
その恩恵を私も受けています。
それでも、何か違うと思うときもあるのです。

便利であるのは助けであって、メインではないのです。
生活の中心ではないし、元々大切にしていたものを投げ捨ててまで得るものではないような気がしています。
何を大切に考えなければならないか。
その方針もなく、便利なものに飲まれていくのは違うと思うのです。

だからと言って、「山の土地を買って自給自足しよう!」とか言っているわけではなくて、
本当はもっと生き方を考えなければならないのではないかと思ってしまいます。
もしくは、もっと考えなければ良いのにとも思います。

かしこくなりすぎて頭が硬くなって何かから抜け出せなくなってしまっている。
そんな気がしてならないのです。

Shortlink

ことば

ことばは伝えるためにあるものであると思います。
けれど、万能ではありません。
元々はことばなんてこの世に無かったけれど、コミュニケーションを取る必要を感じたために生まれたのでしょう。
なかったものがあるものに変わって、少しずつ語彙が増えてきて、今も増え続けている最中です。
ということは、まだ増える余地があって完璧ではありません。

私は、増える余地が無くなることはないと思います。
つまり、完璧になることなんてないと思うのです。

なぜなら、人間はロボットではありません。
文字ですべて表せるのならば、白と黒の二進法の世界で事足りてしまうと思います。
けれど、そうではありません。
もっと、人間はアナログで、ことばに出して説明できない部分があります。
今、嬉しいと思っていること、悲しいと思っていることは伝えられても、それがどんな感情でどんな思考にさせて心にどんな作用があって……みたいなことを伝えることはできません。

ことばは伝えるためにできました。
けれど、すべては伝えられません。
だから、きっと、人は完全に分かり合うことはできないのだと思います。

けれど、だからこそ、きっと分かりあいたいと思ってよりたくさんのことばが生まれるのだと思います。

大切なことは、「分かり合えない」ということをちゃんと分かっておくことだと思います。
だからこそ、伝えようと努力するし、分かりたいと思うのです。
自分と他人は違うということが分かっていなければ他人を理解することはできません。

最近、感じるのは、ことばを万能だと思っている人が増えてきているのではないのではないかということです。
「良い」か「悪い」かですべてを判別することなんてできません。
論理的に説明しようと、それは「論理的」という視点での説明でしかありません。
何かを正しいとして結論付けることは、結局はことばを使ったエゴであるような気がするのです。

本当に分かり合うことなんてできない。
だからこそ、相手が愛しい。
その感覚を、もっと持てば良いのに、なんて最近は思ってしまうのです。

Shortlink

贈り物

クリスマスや誕生日、バレンタインや母の日なんかにみなさんは贈り物をしたりするでしょうか。
最近では贈って当り前、贈らなかったら「ひどい!最低!」なんてことになったりしますよね。
でも、私はそれはどうかと思います。

正直、義務としてプレゼントをあげたり貰ったりしているとしたならお金をかけあっているだけで
プラスマイナスゼロなわけだし、なんだか無意味な感じがしてしまいます。
プレゼントの本当の意味は、感謝の気持ちとかそういったものを表現するところにあるのではないかと思います。
ということはあげたいと思ってないのにあげても意味が無いのです。
もしくは、「本当はあげたくないのに」という気持ちがこもってしまって悪いものになってしまうんじゃないでしょうか。

クリスマスなのに、とか、誕生日なのに、とかと言われると何か複雑な気分になってしまいます。
それは、お世話になっていたりその日を特別だとか思っていれば祝いたいとも思いますし、
当人たちにとっては大切な日なのだろうから祝ってほしいと思うのも分かります。
でも、「祝え!祝わないなんて最低だ!」と言われると、なんというか……。

同じ理由で、誰かに何かをあげるときは本当にあげたいときにあげたいものをあげようと思っています。
そうじゃないと逆に失礼な気もするし、気を遣わせてしまうだけなんじゃないかと思います。
それは、常識の範囲内でお返しなどはしなければいけませんが、
贈り物すべてを通過儀礼みたいなものにはしたくありません。
なんていうと気難しく思われるかもしれませんが、
とにかく、贈り物はあげたいという気持ちであげるものだと思うし、
あげたいという気持ちは強要できないと思っています。

みなさんは、せっかくの贈り物に文句をつけたり、贈り物がないことを不満に思ったりしていませんか?

Shortlink

手品

手品はすごいと思います。
というよりも、手品ができる人ってすごいですよね。

先日、兄から借りたDVDを見ていました。
舞台上でのお芝居を撮影したもので、魔法使いが出てくる話なのですが、
その魔法使いの魔法を手品で表現するんですね。
舞台上で行われるものですから本当に生で、
お客さんの目の前でそれをやっている様子は正に魔法使い。
魔法使いの役なんだから、あれは魔法使いじゃなくて手品師で俳優さんなのだと思うのに、
やっぱりどうしても魔法使いに思えてしまったり。

そもそも手品師って魔法使いなんじゃないか、
なんてことも思ったりしますが、いやいや違う。元は同じ人間であるはず。

そう考えると、手品師のすごいところというのは魔法に見えることができること以上に、
魔法に見せることができるほどの技術と、それを可能にするストイックさにあるのだなとも思います。
きっとすごい努力を積み重ねてつかんだ力なのに、さらっと何でもないことのようにやってのける。
それってそう簡単にできないことですよね。
がんばってやったことは誉めてほしくて、
がんばったんだと見せびらかせちゃうのが普通なんじゃないかと思います。

だけどきっと、手品師の人たちはそんなちょっとした称賛じゃなくて、もっとけたたましい音の
拍手を聞くためにはちょっとやそっとがんばって自慢するようなことはしてはいけないことを知っているのかもしれません。

それはともあれ、そのDVDの中にはお客さんの感嘆の声も含まれていました。
その声はまるで信じられないものを見たときのような声でした。
作り物だと分かりやすいくらい分かる舞台の上で、それが妙にリアルに見えたからかもしれません。

種も仕掛けもあったとしても、あの瞬間、
あの手品師は本当に魔法使いだったんじゃないかと思います。
もちろん魔法使いなわけではありませんが、
もしかしたらそうかもしれないと思わせる魔法を使える人だったのではないかと思うのです。

Shortlink

肉食系と草食系?

最近よく携帯のネットを使い友人のブログを見る事があります。

男性の友人の友達のブログも見るのですが、やっぱり更新が早いのは女性の友人です。
一日一回のペースで日記を書いている為、いつも楽しみに見ています。

先日友人の日記を見ている時、ふと気になる事がありました。
それは『肉食系男子、草食系男子』と言う言葉についてです。

テレビのバラエティなどでもたまに出てくるこのワードですが…。

どうしてこのような表現の仕方にするようになったのかが疑問に思いました。

肉食系の動物と言えばライオンなどの事を指しますよね。
どちらかと言うと、強そうなイメージだと思います。

草食系の動物と言えばヤギや羊などの事を指しますよね。
つまり優しいイメージだと思います。

私が疑問に思う事、それはどこからが肉食系でどこからが草食系なのかと言う事です。

友人の日記には『○○君って草食系で可愛い』と書かれていたのですが。
この『○○君』と言う所には私の男性の友人の名前が書かれていました。

その男性の友人はどちらかと言うと、力が強く何事もはっきりと言うタイプの人なのです。
どちらかと言うと友人達の間でもリーダー的存在で強いイメージがあるのですが…。

思わず日記を書いた友人に「どこが草食系?」とメールをしてみたところ。
「顔が草食系じゃない?」と返事が返ってきました(^^;)

顔にも草食系や肉食系と言う物があるのでしょうか?
それとも単なる私の友人が勝手に決めた事なのでしょうか?

私はあまりテレビを見る事が無い為、流行のワードを理解する事が出来ません。
ですので友人の日記を見ていると、こういった謎の言葉がよく出てきます。

それにしても男性の事を肉食系なのか草食系なのかに分けるのは面白い発想だと思います。
友人が言う『動物系』に分けるとしたら、私の恋人は肉食系男子なのかな?と今は考えています。

Shortlink

三度の飯より漫画が好き!

私は漫画という物が大好きな為、週刊雑誌などをよく買います。
その週刊雑誌の中でも特に気に入った作品があると単行本も買います。

子供の頃の話になりますが、漫画を好きになったのはまだ小学校の低学年だった頃でした。
漫画を大量に集めている友達の家に遊びに行ったのがきっかけだったと思います。

友達の部屋の本棚には、百冊以上の漫画の本が並べられていたのを今でもはっきりと覚えています。

当時私の家には漫画はなかったし、私自身漫画に興味もなかったんですよね。
なのでその友達の部屋はまるで別世界のようでした。

その日友達の部屋でいろんな漫画本を見せてもらっている内に、うらやましく思い「自分も漫画が欲しいなぁ」と思うようになりました。
もちろん帰ってから親におねだりしたのですが(^^;)

子供特有の『人の物がうらやましくてしょうがない』といった感じです。

それからと言うものの、ずっと色々な漫画を読んでいますね。
特に週刊誌などは毎週続きが気になってしょうがないですし、漫画を読んでいると楽しくてたまらないです。

一時期は漫画家を目指そうかと思い、漫画家キットの様な物も購入しましたが。
やはり漫画を描くと言う事は難しい事だと思います。
絵は描けたとしても、ストーリーの展開を考えるのはかなりの想像力が必要だと思います。

結局漫画は描くよりも読む方が楽しいと言う事に気付きました。

女友達の間ではもちろん少女漫画が流行していましたが、私はどちらかと言うと少年漫画などが好きだと思います。
バトル漫画やギャグ漫画まで何でも読んでいると思いますが、最近の漫画は特にストーリーの展開が面白いと思う事が多いです。

昔の漫画も独特で面白いのですが、今では才能のある漫画家さんがたくさん増えていると思います。
一度だけでもそういった漫画家さんのアシスタントをしてみたいと私は思いますね。

Shortlink

今日の購入品

今日は雑貨屋さんでこれを買ってきました!趣味でよく集めているポストカードです。
いつもよく行く雑貨屋さんで新しく入荷されており、一目見てかわいいと思ったので買いました。

今日の購入品

そこの雑貨屋さんは他の雑貨屋さんに比べると、ハガキやポストカードも種類が多いので私には大変ありがたいんです。置いてある商品も全部がゆるかわな感じで、どちらかというと大人の女性をターゲットにしたような作りになっています。

お店の狙い通りに常連となっているのが、私ということになりますよね(^◇^)
田舎の雑貨屋さんというと、小中高生をターゲットにしているようなギラギラとした感じの内装が多いので私としてはこういう雑貨屋さんがもっと増えればなと思っています。

ポストカードは売っていませんが、雑貨屋さんではなく手芸屋さんにもゆるかわな商品が置いてあったりするのでよく行きますね。ハンドメイドに挑戦したいところですが、どうも長続きすることがないのでお金の無駄かなあとまだ挑戦はできていません。

このポストカードは友人へのバースデーカードとして使うつもりです。彼女もかわいいものが好きなので、きっと喜んでもらえると思います。

しかし、雑貨に限らず欲しいモノがあったらポイポイ買ってしまう、悪い癖のある私。もう部屋に納まりきらないからどうにかしないと(笑)
もっと広い部屋に引っ越すか、貸倉庫でも借りないといけないな(^◇^)